2023年2月6日月曜日

ご寄付振り込み口座のお知らせ

<ゆうちょ銀行> 

口座名:ハイロアクション 

口座記号番号: 記号18220  番号32050281


<他金融機関から>

金融機関コード:9900 

店番:828   店名:八二八(ハチニハチ)

普通 口座番号:320528

★ご支援をよろしくお願いいたします。

2023年1月14日土曜日

全米海洋研究所協会(National Association of Marine Laboratories)が 汚染水海洋放出反対の声明を出しました。

2022年12月、全米海洋研究所協会(ウッズホール海洋研究所を含む米国の100の海洋科学研究所)は、計画された排出に反対する合意声明を発表しました。
 
<下記の英文を自動翻訳しました>

「この汚染水の放出計画は、海洋生態系の健全性、および海洋生態系に生命と生活を依存する人々にとって、国境を越え、世代を超えて懸念される問題である。

私たちは、各タンクの放射性核種含有量に関する重要なデータがないこと、放射性核種を除去するために使用される高度液体処理システム、そして汚染された廃水の放出に際して、"希釈が汚染の解決策 "という仮定を懸念しているのです。

希釈という根本的な根拠は、有機結合、生物濃縮、生物濃縮という生物学的プロセスの現実と、地元の海底堆積物への蓄積を無視している。蓄積された冷却水廃棄物に含まれる放射性核種の多くは、半減期が数十年から数百年に及び、その悪影響はDNA損傷や細胞ストレスから、アサリ、カキ、カニ、ロブスター、エビ、魚など影響を受けた海洋生物を食べた人の発がんリスク上昇にまで及ぶとされている。

さらに、高度廃液処理システムが、被災した廃液に含まれる60種類以上の放射性核種(その一部は人を含む生物の特定の組織、腺、臓器、代謝経路に親和性を持つ)をほぼ完全に除去できるかどうかについては、重大なデータがないため、依然として懸念が残っています。

東京電力と日本政府が提供したデータは不十分であり、場合によっては不正確である。サンプリングプロトコル、統計デザイン、サンプル分析、仮定に欠陥があり、その結果、安全性の結論に欠陥が生じ、処分の代替手段をより徹底的に評価することができなくなるのである。

放射性廃棄物を安全に封じ込め、貯蔵し、処分するという問題に対処するためのあらゆるアプローチが十分に検討されておらず、海洋投棄の代替案は、より詳細かつ広範な科学的厳密性をもって検討されるべきである。

私たちは日本政府に対し、前例のない放射能汚染水の太平洋への放出を中止し、海洋生物、人間の健康、そして生態学的・経済的・文化的に貴重な海洋資源に依存する地域社会を守るための他のアプローチを、より広い科学界と協力して追求するよう強く求めます。

2022年12月12日、NAML理事会にて採択。

Hi all - in December 2022, the National Association of Marine Laboratories (100 marine science laboratories in the United States, including the Woods Hole Oceanographic Institute_ issued an agreed statement of opposition to the planned discharges see https://www.naml.org/policy/documents/2022-12-12%20Position%20Paper,%20Release%20of%20Radioactively%20Contaminated%20Water%20into%20the%20Ocean.pdf  – stating – 


The proposed release of this contaminated water is a transboundary and transgenerational issue of concern for the health of marine ecosystems and those whose lives and livelihoods depend on them. We are concerned about the absence of critical data on the radionuclide content of each tank, the Advanced Liquid Processing System, which is used to remove radionuclides, and the assumption that upon the release of the contaminated wastewater, “dilution is the solution to pollution.” The underlying rationale of dilution ignores the reality of biological processes of organic binding, bioaccumulation, and bioconcentration, as well as accumulation in local seafloor sediments. Many of the radionuclides contained in the accumulated waste cooling water have half-lives ranging from decades to centuries, and their deleterious effects range from DNA damage and cellular stress to elevated cancer risks in people who eat affected marine organisms, such as clams, oysters, crabs, lobster, shrimp, and fish. Additionally, the effectiveness of the Advanced Liquid Processing System in almost completely removing the over 60 different radionuclides present in the affected wastewater—some of which have an affinity to target specific tissues, glands, organs, and metabolic pathways in living organisms, including people—remains a serious concern due to the absence of critical data. The supporting data provided by the Tokyo Electric Power Company and the Japanese Government are insufficient and, in some cases, incorrect, with flaws in sampling protocols, statistical design, sample analyses, and assumptions, which in turn lead to flaws in the conclusion of safety and prevent a more thorough evaluation of better alternative approaches to disposal. A full range of approaches to addressing the problem of safely containing, storing, and disposing of the radioactive waste have not been adequately explored, and alternatives to ocean dumping should be examined in greater detail and with extensive scientific rigor.

 

We urge the Government of Japan to stop pursuing their planned and precedent-setting release of the radioactively contaminated water into the Pacific Ocean and to work with the broader scientific community to pursue other approaches that protect ocean life; human health; and those communities who depend on ecologically, economically, and culturally valuable marine resources. Adopted by the NAML Board of Directors, December 12, 2022.” (NAML members - https://www.naml.org/members/directory.php)















2022年12月28日水曜日

動画公開「放射能で海を汚すな!国際フォーラム」

12月17日に開催しました 「放射能で海を汚すな!国際フォーラム」(オンライン)は、17カ国から299人の方に登録していただきました。

当日の参加者は、188名で、大盛況となりました。

ありがとうございました!!


■当日の資料およびアーカイブ映像は以下のサイトからご覧いただけます。
(日本語版)
https://foejapan.org/issue/20221202/10485/



★米・カリフォルニア州で反核運動 つくる・フォルスさん
 ・魚を食べないという選択をするかどうかという問題ではない。陸にも影響が考えられる
 ・海岸から、10キロメートル以内に住むということで、影響があると考えられる
 ・広く関心を持ってもらうため、世界中で同時に行動することができないか 


★米・エネルギー環境研究所長のアルジュン・マクジャニ工学博士
 ・海洋や生態、核物理などの専門家と東電の公表データを解析。
 ・放出する水が安全というには、サンプリング量も監視する放射性物質の種類も少な過ぎる
 ・生態系への影響調査の不備や、海洋放出ありきで他の有力な代替案が十分検討されていない     
 ・あらゆる選択肢を考え、リスクを最小限にする方法を科学的に検証すべきだ


★マーシャル諸島の学生連盟のベディ・ラスゥレさん(ビデオ)
 ・核実験後に安全だと言われて島に戻った住民の健康被害について
 ・海は私たちの命。太平洋は核実験場でも核廃棄物を捨てる場所でもない。
 ・海洋放出すれば取り返しがつかないことになる。反対だ


★中国、韓国、台湾、オーストラリアの環境団体(メッセージ)
 ・海に流せば汚染が拡大し、アジア太平洋の近隣諸国だけでなく影響が出る
 ・世界各地で反対運動が行われている。


★参加者から
 ・海はつながっている。日本だけの問題ではない。
 ・海洋放出への反対意見が相次いだ。


★主催団体メンバーの福島県三春町の武藤類子さん
 ・海洋放出は地球の環境汚染であり、大きな国際問題だ
 ・連携してこれ以上放射能での環境汚染がひどくならないようにしたい


日本政府と東電のずさんな海洋放出計画の中止と、代替案の実現を求める、環太平洋および世界中からの声が可視化されました。
私たちは今回出会った皆さんと連帯して、今後も汚染水の海洋放出を止めるために活動を続けていきます。



Dear participants and subscribers of " Don't contaminate the oceans with radioactivity! International Forum"

(I am sending this on behalf of (Citizens’ Conference to Condemn Further Pollution of the Ocean) at their request.)

Thank you for joining us.

299 people from 17 countries registered for the webinar on December 17. The actual event was a great success with 188 participants.
Presentation materials and recorded video of the day are available at the following website:
https://foejapan.org/en/issue/20221202/10489/

Opposition from people around the Pacific Rim and around the world to the Japanese government and Tepco's plan to release contaminated water into the ocean has become visible.
In solidarity with all we've been able to connect with this time, we will continue to work to stop the release of contaminated water into the ocean.

Thanks and best regards,

Citizens’ Conference to Condemn Further Pollution of the Ocean(Koreumi)
E-mail : koreumikaigi@gmail.com

2022年11月21日月曜日

国際フォーラムの申し込みは、こちらから。 

 【放射能で海を汚すな!国際フォーラム  環太平洋に生きる人々の声】


(日時)2022年12月17日(土)10:00~12:40

★オンライン会議システムzoomにて開催します。
 参加費は無料です。
 ・言語:日本語・英語(同時通訳付き)
 ・事前申し込みが必要です。
  以下より登録してください。
  https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_n8HShJTXTxqI9sKAqG0fDw
  (zoomから自動的に参加用のリンクが送付されます。)


日本政府と東京電力は、国内外の大きな反対の声を無視して、福島原発事故で発
生したALPS処理汚染水を太平洋に放出する準備を進めています。

日本政府は「関係者の理解なしにはいかなる処分も行わない」と表明しています
が、太平洋を共有する人々はみな関係者であり、日本の漁業者ばかりではなく、
私たち市民、太平洋の島嶼国を含む世界の人々と協議をしなければなりません。

海を生活の場とする南太平洋のマーシャル諸島の若者や、アメリカ西海岸で活動
する市民の訴えを聞き、環太平洋に生きる私たちは連帯して、放射能汚染水の海
洋放出を止めるための手立てを探りましょう。


<第一部> 10:00~ 各地からの発言とビデオメッセージ
*日本から …武藤類子(これ以上海を汚すな!市民会議)

*マーシャル諸島から
     … ムラン・アンドリューさん(マーシャル諸島学生連盟)

*アメリカから
     …つくる・フォルスさん(Pacific Asian Nuclear-Free Peace Alliance)
      アルジュン・マクジャニさん(エネルギー環境研究所所長 工学博士)

*韓国、中国、台湾、オーストラリアからメッセージ


<第二部> 11:35~ パネルディスカッション 


主催:これ以上海を汚すな!市民会議
協力:FoE Japan、ピースボート、 Manhattan Project for a Nuclear-Free
World(核の無い世界のためのマンハッタン・プロジェクト)、Pacific Asian
Nuclear-Free Peace Alliance 

連絡先:これ以上海を汚すな!市民会議 
E-mail: koreumikaigi@gmail.com


<英語版>
---------------------
Don't contaminate the oceans with radioactivity! International Forum:
Voices of people around the Pacific Rim
---------------------------------------

The Japanese government and Tokyo Electric Power Company (TEPCO) are preparing to release “ALPS-treated” contaminated water from the Fukushima Daiichi nuclear power plant into the Pacific Ocean despite strong opposition from both within and outside of Japan.

The Japanese government has stated that it will not take any action without the consent of relevant stakeholders. However, everyone who shares the Pacific Ocean will be affected. Japan must consult not only Japanese fishermen, but also other communities in Japan and other parts of the world, including Pacific Island nations.

Let's listen to the voices of young Marshallese in the Pacific, whose livelihoods depend on the ocean, and people active in the West Coast of the United States. As people to together live in different parts of the Pacific Rim, let us collaborate to find a way to halt the dumping of radioactive water into the ocean.


Date/Time:
Japan: December 17 (Sat) 10:00-12:40
Korea: December 17(Sat)10:00-12:40
China: December 17(Sat)9:00-11:40
Taiwan: December 17(Sat)9:00-11:40
Sydney: December 17(Sat)12:00-14:40
Fiji: December 17 (Sat) 13:00-15:40
New York: December 16 (Fri) 20:00-22:40
Los Angeles: December 16 (Fri) 17:00-19:40


Format: Online Webinar (Zoom)
Language: Japanese and English (simultaneous interpretation)


Program:
Part I - Statements and video messages
From Japan: Ruiko Muto, Citizens’ Conference to Condemn Further Pollution of the Ocean (KOREUMI)
From the Marshall Islands: Mulan Andrew, Marshall Islands Student Association (MISA 4 The Pacific)
From the United States: Tsukuru Fors, Pacific Asian Nuclear-Free Peace Alliance
Dr. Arjun Makhijani, Institute for Energy and Environmental Research
Video messages from Korea, China, Taiwan, and Australia (TBC)

Part II - Panel Discussion

Please register at the following link:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_n8HShJTXTxqI9sKAqG0fDw

Organized by: Citizens’ Conference to Condemn Further Pollution of the Ocean (KOREUMI)
Supported by: FoE Japan, Peace Boat, Manhattan Project for a Nuclear-Free World, Pacific Asian Nuclear-Free Peace Alliance


Contact: Citizens’ Conference to Condemn Further Pollution of the Ocean (KOREUMI)
E-mail: koreumikaigi@gmail.com



2022年11月15日火曜日

12月17日『放射能で海を汚すな!国際フォーラム』のお知らせ

 

チラシ  ←こちらからダウンロードしてください。


★フォーラムの成功のため、ご寄付をお願いいたします。

<口座名> ハイロアクション

<口座記号番号> 記号18220 番号32050281

<他金融機関から> 金融機関コード:9900 店番:828

 <店名> 八二八 (ハチニハチ)

 <預金種目> 普通

 <口座番号> 3205028

 

2022年11月7日月曜日

報告: 「汚染水対策を考えるシンポジウム〜このまま海に流すの?!『ALPS処理水』」

 


10月29日に開催されたシンポジウムの動画と資料です。

動画 ←こちらから

資料 ←こちらから

10月29日午前、「汚染水対策を考えるシンポジウム〜このまま海に流すの?!『ALPS処理水』」が、いわき市平のいわき市産業創造館ラトブ企画展示ホールで2時間半にわたって開催されました。
 福島第一原発事故によって生まれた「ALPS処理水」の海洋放出について、「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」という漁業者との約束がなかったかのように、海底トンネルなどの工事が進んでいますが、流されるものは、原発事故により溶けてしまった高線量のデブリに触れた汚染水。放射能の影響は長期間かかって現れてくるもの、それを最小限にするための責任が、今を生きる私たちに問われています。

未来の子どもたちに綺麗な海を手渡したい。かけがえのない海といのちを守るため、自分ごととして「ALPS処理水」の海洋放出について考えようと、これ以上海を汚すな!市民会議が主催して、政府・東京電力と住民によるパネルディスカッションや参加者とのトークセッションが行われ、会場とオンラインで約100名が参加しました。

 パネルディスカッションは、政府・東京電力から、資源エネルギー庁:電力・ガス事業部 原子力発電所事故収束対応室 廃炉・汚染水・処理水対策官の山口雄三さん、東京電力:福島第一廃炉推進カンパニー廃炉コミュニケーションセンター副所長兼リスクコミュニケーターの木元崇宏さん、市民から佐藤智子さん、鈴木薫さん、満田夏花さんがパネリストととして登壇。

 4つのテーマで行われ、ディスカッションでは、ALPSで処理しきれずにどのような物質が残り、いつまで流され続けるのか、その総量も明らかにされていないことが、改めて浮き彫りになりました。今後、64核種以外の放射性物質が確認されることもありうると東電も認め、住民の不安は解消されませんでした。
 ①汚染水対策:広域遮水壁など徹底した止水対策を早急に行うべき 
  東京電力は、「地下水と雨水の問題だが、広域遮水壁は難しい」「建屋カバーや地下貫通口近傍での止水を検討」「凍土遮水壁の耐用年数は何年と言えない。補修して使用する」
  市民の「海洋放出による汚染の拡大について、住民の恐怖を理解しているのか?」という問いに、エネ庁は、「だから、基準に則ってやっている。説明はまだまだだが。」

 ②汚染水処分の方法:環境中に汚染水を流すことは、問題。モルタル固化など、陸上で保管・処分を行うべき
  エネ庁は、「タンク保管は老朽化とスペースが問題」「固化は体積が何倍にもなり、発熱でトリチウムが蒸発」
  市民は「モルタル固化提案の専門家を読んで議論すべき」「なぜ公聴会開かないのか?」と求めた。

 ③海洋放出水の中味:①トリチウムの放出総量は。②ストロンチウム90、ヨウ素129など放出水に含まれる他の放射性核種の総量は。③現在、東電が測定対象としている64核種以外の放射性物質が含まれていないことは、どのように説明するか。
 東京電力は、「トリチウムはタンクに131万トン、780兆ベクレル。現在、全タンクでどれだけかは分かっていない。ALPSにかけて測定後、ストロンチウムとヨウ素129はわかる」「64核種以外は、今後分析して示したい」

 ④漁業者との約束:国・東電は「関係者の理解が得られないままではいかなる処分も行わない」と文書で約束。漁業者が同意していないまま放出のための工事を進めていることは明らかな約束違反では
 エネ庁は、「繰り返し説明し意見交換したい」「漁業者との車座対話進めている」
 市民の「私たちも関係者、立地町長と漁業者だけが関係者ではない」に対し、エネ庁は、「誰が関係者かではなく、理解をうるために説明する」と。

 参加者とのトークセッションでは、「トリチウムの安全性をいうが内部被曝の危険性を評価すべき」「公聴会の開催についての検討結果はどうなったか」「富岡町のヒラメは大丈夫か。リスコミではなく公聴会の開催を」「海側遮水壁の下の透水層から汚染水が海中に出ている、評価はどうなっている」「東電のポータルサイトは説明不足。OBT(有機結合型トリチウム)に対する具体的数値がない。裏付けを示してほしい」「安全なら東京などの大都市でやるべき。事故から11年たってる、なぜ安全な処理方法考えなかったのか。『常磐もの』の魚が台無しになる」「6月の最高裁判決、国が賠償しない。海洋放出、政府が信用できない」「理解を求める、はあるが、合意を得る、と言わない。その理由と今後の対応を聞きたい」などなど、率直なご質問と真摯なご意見が出されました。 (いわき市議 佐藤和良「風のたより」より)



2022年10月21日金曜日

汚染水海洋放出阻止を求める『関係者の声』ハガキ作戦を始めます!

 この運動に加わってくださる方を大募集します。

*3月末日まで、延長します!

呼びかけ文とハガキシートを1セットとしてお届けします。

「関係者の声」ハガキ担当までkoreumikaigi@gmail.comご連絡ください。

お待ちしております。


ハガキ説明リーフ表  ←こちらから




ハガキ説明リーフ裏 ←こちらから




ハガキ ←こちらから